ホンダのN-VANって商用車?6MT・ターボ搭載のNVAN!比較や発売日のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの勢いがますます加速しています。

N-BOXは留まる所を知らない売れ行きで、販売台数ランキングで一位をキープするのは当然となっています。

また、2018年3月期の決算では、初めて当期利益で1兆円を突破した事は、ニュースでも大々的に報道されましたよね。

そんな絶好調のホンダが、新しい軽自動車を発表する事となり、関係者やファンは色めき立ちました。

今度はどんなタイプだと期待を寄せると、その予想をいい意味で覆した新型商用車「N-VAN」7月12日に発売する事となったのです。

 N-VANを導入する意義!

今やカローラに代わって国民車となったのが、N-BOXです。

広大な室内空間に加えて、走行性能や燃費も良く、安全装備も充実とまったく欠点がないので、売れて当然の要素を全て兼ね備えた完璧な一台です。

この強みを商用車にも全て導入したのがN-VANとなります。

スポンサーサイト: ホンダ n-van フロアマット ラゲッジマット ドアバイザー

それまで商用車というと地味な印象がありますし、仕事だけで使うので走れば良いと言う方も多かったでしょう。

男性なら普段使いで乗る方もいますが、若い女性が運転している姿を見掛けるのは本当に稀です。

ホンダとしては、この不人気な商用車ジャンルに、大人気のN-BOXベースのN-VANを導入する事で、勝機を見出したのです。

よって、N-VANはN-BOXの特徴をそのまま引き継いでいます。

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」導入

ターボモデルもあり

・運転席以外を倒すと、N-BOX以上の広大空間を確保

・N-BOX Nモデルの燃費(27.0km/L)と同等かそれ以上は確実

 N-VANと他社商用車はどこが違うの?

かつて、商用車の新型車が発売される事で、これほど注目を集めた事はありません。

それは仕事や作業用という意味合いもありますが、性能や装備よりも、安全で頑丈、シンプルで長持ちする、何よりも価格の安さが最重要とされたからです。

これらも大事な一面ではありますが、車の楽しさや魅力を半減させているのも事実です。

今回のN-VANには、上記したN-BOXゆずりの装備もありますが、さらに独自の特徴も備わっています。

これが単なるN-BOXベースの商用車ではなく、格段に進化したスペシャルな一台に仕上がっている要因となります。

~N-VANだけに備わる特徴一覧~

①N-BOXはCVTのみだが、N-VANには6MTあり

ボディカラー全16色を用意

助手席側はピラーレス採用、最大開口部幅が驚異の1580mm

④助手席も倒すとフルフラット出現、ビールケース40個積載可能

これらが、N-VANならではの特徴となります。N-BOXはもちろん、他の商用車でもこんな特徴がある車は、現在ありません。

例えば、商用車は燃費良さや故障なども考慮して、マニュアル車がいまだに活躍しています。

しかし、6MTを用意するのは、かなりの衝撃ですよね。

軽自動車では、ホンダのS660が同様に6MTですが、他は皆無だと記憶しています。

因みにアルトワークスでも5MTなので、これは男性の車好きが飛びつくのも納得です。

続いて、女性には豊富なボディカラーが気に入る事でしょう。

商用車では考えられないカラーリングが目立ち、中でもイエローやピンクなどは従来の概念を打ち破った、ホンダのセンスやユニークさが際立ちます。

遊び心がありながら、作業や仕事をしやすい事も第一にしているので、これまでの商用車よりも開口部が広く、積み荷などもしやすくなっています。

何度も出入りを繰り返すなら、ピラーレスやフルフラットが大変使い易いのは当然なので、作業車の立場になって作られています。

 N-VANの基本データ一覧

・ボディサイズ

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1815mm

テールゲート開口部幅:1230mm

テールゲート開口部高:1300mm

荷室高:1365mm

荷室幅:1390mm

荷室フロア長:1585mm

荷室床面地上高:525mm

・エンジンスペック

直列3気筒660cc

最高出力:58ps(64ps)

最大トルク:6.6kgm(10.6kgm)

トランスミッション:CVT、6MT(CVTのみ)

※()内はターボモデルの値と設定

・グレード

G、L、FUN、COOLの全4グレードだが、FUNとCOOLにはターボモデルが導入されます。

GとLは従来の商用車ベースの外観を維持し、FUNとCOOLはN-BOXを意識した外観となり、遊びやドライブで利用してもまったく問題がなく、女性からも高い評価が得られると思われます。

・車体価格

ホンダの公式サイトには、まだ車体価格が明記されていません。飽く迄も予想ですが、これまでの商用車価格やN-BOX価格を考慮すると、

・G…120万円~

・L…130万円~

・FUN、COOL…150万円~(ターボモデルは+10万円)

と予想しているサイトが多いです。

N-VANの総評

これまで、単なる商用車が発売されるだけで、ここまで盛り上がった事が過去に例がありません。

もちろん、N-BOX人気もあるでしょうが、ホンダに対する期待やファンが大勢いて後押ししているのが実情でしょう。

当面のライバルとなるのはスズキのエブリィダイハツのハイゼットとなりますが、今後は販売台数でN-VANが圧勝すると容易に予想ができます。

これは何も、他社の商用車がダメな訳ではなく、N-BOXベースのN-VANがあまりにも完成度が高すぎるからです。

商用車に対する自動車メーカーの考えや、お客の捉え方も抜本的に変えてしまった、仕事と趣味のマルチで使える車をホンダは完成させてしまったのです。

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加