車の鍵マークが点滅!車の鍵が開かない!車のキーの電池切れと電池交換

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然、車の鍵が開かない!なんてトラブル発生!!

車のリモコンでの扉を開閉が可能なキーレスエントリー(キーレス)に代わり、最近の車は標準でスマートエントリーシステムを装備している車が増えてきました。

鍵の名称は各社によってそれぞれ。
『スマートキー』や『インテリジェンとキー』等と呼ばれています。

車の鍵を取り出すことなく、鍵の開閉ができ、スタートボタン一つでエンジンをかけることができるとっても便利な『電子キー』。

そんな便利なものだからこそ、気をつけたいのが電池切れ等のトラブルです。

電池切れが起こったら・・・

電子キーの利点は何と言っても、
・鍵に触れることなくドアロックの施錠・解錠が行えること
・鍵に触れることなくエンジンを始動させたりすることができること
です。
荷物を持っていたり、子供を抱っこしていて手がふさがっていることって意外に多いですよね。
また、鞄の中に鍵を入れっぱなしにしておけるので、鍵をなくしてしまった!!なんてことも減ります。

とても便利な電子キーですが、気をつけなければいけないこともあります。それは電池切れです。

電子キーは施錠・開錠時、エンジン始動時に暗号化されたデータを無線でやり取りしています。
このデータが車体にに登録されているものと一致するとロックが解除されたり、エンジンがかかる仕組みです。

そのため、電子キーには電池が内臓されていますが、電池が切れると鍵が開かなくなったり、エンジンがかからないなどのトラブルが起こります。

こうした電池切れの対策として、電子キーの中には非常用に鍵が内蔵されています。

電子キーにボタンのような突起物があり、横にスライドすることで、鍵が引き出せるようになっています。

この非常用の鍵を使えば、直接ドアの鍵穴に挿して解錠することができます。

しかし、ここで注意が必要なのは、ほとんどの車に盗難防止の為のセンサーがついており、警報音が鳴るという事。

この警報音はみなさんが想像するよりかなりの爆音です。

センサーにも色々な種類がありますが、一般的な「ドアセンサー」はドアが開閉されたことを検知します。

直ぐに交換の電池が用意できないけど、どうしても車の中の荷物を取りたいという時には、ドアの開閉を出来るだけ短時間で行いましょう。

警報音を止めるためにはエンジンを始動させる必要があります。

主なエンジンの始動方法は、以下となります。

【キーシリンダーがある車種の場合】
キーシリンダーに鍵を指すことが出来るようになっていますので、スマートキー内臓の鍵でエンジンをかけることが出来ます。

【キーシリンダーがない車種の場合】
スマートキーが搭載されている車両では、キーシリンダーがない車種も多いです。

その場合、内臓キーを使ってエンジンをかけることは出来ません。

そんな時は、スマートキーをプッシュスタートスイッチに接触させたり、近づけた状態で、エンジンをかけます。

メーカーによってもエンジンのかけ方は異なりますが、トヨタ車の場合ならスイッチが緑色に点灯するので、そのままブレーキを踏みスタートボタンを押すことでエンジンをかけることが出来ます。

警報が鳴ってしまった時の対処法は取扱説明書に記載されていますので、一度ご自身の車の説明書を確認しておくのが良いでしょう。

他にもある、電子キーのトラブル

キーシリンダーに鍵を差し込む必要のない電子キーゆえに発送するトラブルをいくつかご紹介しましょう。

まずは、同乗者に鍵を預けている事を忘れてしまい、その同乗者が車を降りてしまうというトラブルです。

この場合には、エンジンが止まってしまうという事はないのですが、一度エンジンを切ると再度エンジンをかけることが出来なくなってしまいます

また、夏場の熱い時期にエアコンをかけて、一度自宅に戻り、鍵を家に置いたまま出発してしまったというトラブルもあります。

鍵が車から離れると、アラームが鳴るタイプの車種もありますが、ならないタイプの車に乗っている方はご注意ください。

他にも、電子キーの電池残量が少なくなると勝手に鍵がかかってしまい、中に子供が取り残されてしまったというものも。

比較的新しい車の場合は、こういったトラブル対応されている車種が多いですが、古いタイプの車に乗っている方は、気を付けて下さい。

電池の消耗が早くなる原因

電子キーは電波を出して車と交信をし、鍵の開閉やエンジンスタートを行います。

その為、磁気を出すもののそばに置いておくと、電池の消耗が早くなる可能性があります。

鞄の中で、常に携帯電話と一緒に入れておいたり、自宅でパソコン・テレビなどのそばにおいてる人いませんか。

個人差もありますが電池の寿命は、新しい物に交換すると通常は1年~2年程度です。

数か月で、電池切れが起きるという方は、電子キーの保管場所を変えてみてはいかがでしょうか。

定期的な電池交換のタイミングについて

電子キーの電池切れを起こさないためには、こまめな電池交換が重要です。

電池交換は、車両を販売したディーラーにお願いしても可能ですが、自分自身でも簡単に電池を交換できるのでやってみてください。

電子キーは、壊してしまうと修理や交換に余計なお金がかかってしまいますので、ご自身で奴場合は注意して下さい。

交換に必要なものは、ボタン電池のみ。

ただ、メーカーや機種によって、微妙に電池の種類が違います。

近くのスーパーやコンビニで売っていないこともありますので、予備を事前に準備しておくと安心だと思います。

電池残量をチェックする方法

電子キーを鞄やポケットに入れたままで、ドアが開かなくなったら要注意です。

テレビのリモコンも同様ですが、電池の残量が減ると、鍵の使用可能範囲も減ってしまうのです。

ですから、以前よりも鍵を近づけないと、ドアが開かなくなった場合には、早めに電池を交換することをお勧めします。

電子キーが動作したらLEDランプが点灯するような車種では、電池の残量が少なくなるとランプが点灯しなくなるので電池切れが判りやすいです。

タコメーター付近に鍵のマーク(電池残量警告灯)があり点滅するタイプの車種もあります。

電子キーの動きが鈍くなったと感じた際は、早めに電池の交換をしましょう。

まとめ

まとめますと、多くの車の鍵が電子キー方式に変更されていっています。

電子キーの内臓電池が切れてしまう前に早めの電池交換を心がけましょう。

また、電池切れで車が開かない!なんて事になった時のことを考えて予備の電池を準備し、普段から電磁波の影響を受けないような保管場所を選び保管するようにしましょう。

電子キーのトラブルを回避して、快適なカーライフを楽しんでください。

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加