電気自動車のメリット・デメリット教えます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CMやネットでも目にする機会が増えた、電気自動車。

ガソリン車やハイブリッド車などとともに、自動車を購入する際の選択肢として考えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、電気自動車のメリット・デメリットをお教えします。

電気自動車の購入を検討する際の参考にしてみてください。

電気自動車ってなに?

電気自動車の画像

そもそも電気自動車とは何なのか、ハイブリッド車との違いはどこにあるのかをひとまず押さえておきましょう。

最近ではエコカーとして注目をあつめる電気自動車ですが、電気自動車は大きく2つに分類されます。

それは「EV」と「PHEV」です。

EVとはElectric Vehicleの略で、要するに100%電気で走る自動車のことです。

そして、PHEVとはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略で、プラグインハイブリッド自動車、つまり電気とガソリンの両方で走る車のことです。

EVは搭載されている電池に蓄えた電気のみを使って走行するのに対して、PHEVは電池の他にもエンジンを搭載することで、電池とエンジンの併用によって走行することができます。

万が一電池が不足した場合でも、ガソリンを使用することで走行を継続することができます。

なお、PHEVはPHVと呼ばれることもあります。

電気自動車のメリット

「燃費がいい」

ガソリン車と比べると電気自動車は燃費がよく、コストを安く抑えることができます。

さらに、夜に充電しておくことで夜間電力を使用することになり、昼間以上にコストを抑えることも可能です。

これには、そもそも電気がガソリンと比べて圧倒的に割安であることが理由としてあります。

電気自動車はガソリン車と比べると、燃料コストは最大9分の1になるという実験結果もあるほどです。

自動車の性能にもよるので確実な数字は出せませんが、電気自動車を使用することで家計にも少なからずよい影響があることでしょう。

「排出ガスが少ない」

エコカーと呼ばれるほど、電気自動車は環境に与える影響が少ない自動車です。その大きな理由として、排出ガスが少ないことがあります。

EV、PHEVともに、電気のみを使用して走行している間は、排出ガスはありません。

たとえガソリンと電気を併用していても、ガソリン車よりは排出ガスは少ないでしょう。

ただし、電気自動車で使用する電気の発電方法が火力発電であれば、温室効果ガスを排出します。

それでも、有害物質の排出に関しては発電所のみで存在することになります。

今後、再生可能エネルギーの必要性が高まっていくことで、電気自動車の環境への貢献は今よりも大きくなることが予想できます。
「振動が少なく、静か」

ガソリン車と比べると、モーターで動く電気自動車は振動が少なく静かなことがメリットとしてあります。

家族や友人とのドライブであれば、車内での会話も楽しみたいものです。

そんなときに電気自動車であれば、静かな車内で存分に話に花を咲かせることができます。

また、発進もスムーズでバックの際もスイッチひとつですぐに切り替えることができます。

一時停止からの発進であってもなめらかに走り始めることができます。

ただし、外の歩行者にも車の音が聞こえないので、事故には十分に注意してくださいね。

電気自動車のデメリット

「充電に関する課題」

あたりまえですが、電気自動車は電気で動くので、充電をしなければなりません。電気自動車の充電には、ガソリンスタンドのように充電できる設備(充電スタンド)が必要になります。

急速充電できるスタンドもあるものの、基本的に充電には時間がかかります。

そのため昼に電気を使用して夜に充電する、というのが理想です。

「車両価格が高い」

電気自動車はガソリン車と比べると価格が高く、補助金などで補填しても300万円前後が目安です。

その理由としては、電気自動車に使用するモーターやバッテリーが大量生産体制に入れず、価格が高くなることが一つとしてあります。

さらに、他国と比較すると補助金などが不十分であることも高価格の原因としてはあります。

現状としては、車両価格のおよそ半分がバッテリーの価格です。

ただ、今後の技術発展によってバッテリーのコストが下がっていき、車両価格も手頃になっていくことが推測されています。

「航続距離が短い」

電気自動車の航続距離は車種にもよりますが、90〜200kmほどです。

そして、寒冷地や冬場は寒さによってバッテリーの性能が低下するので、結果として航続距離もあたたかい場所で運転するときよりも短くなります。

さらに、充電スタンドがまだまだ各地にあるといえる状況にないので、遠出をする際にEV車だと不安が残ります。

まとめ

大体の電気自動車のメリット、デメリットについてお分かりいただけましたでしょうか?

環境への貢献や新たな技術など、様々な面で期待はされていますが、まだ一般家庭で完全に実用できるかと言われると難しい場面もあります。

電気自動車の購入をご検討の際は、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク