比べて選ぼう!愛車を手放す時の下取りと買取について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の車はこんな車にしたい、こんな車種に乗りたいというように次のことを考えている時に、これまで乗ってきた車をどうするかということも同時に考えていくことになります。

長年乗り続けてきた愛車を手放すなら、できれば一番高く売りたいと考える人が多いのではないでしょうか?。

下取りに出す方のいいのか、買取してもらう方がいいのかというのは悩みどころの一つといえます。

そこで、それぞれのサービスのメリットデメリットについて考えてみたいと思います。

下取り買取お見積り

下取りと買取について

新車や中古車の購入時に、これまで乗っている車を引き取ってもらって値引き交渉をするのが下取りです。

それに対して、車の今の状態などに基づいて査定してもらって売却をするのが買取りです。

下取りは、新車を購入するという前提でディーラーなどで行ってもらえ、スムーズに新車購入を進めるのに便利な方法といえます。

買取は、買取を行っている車買取などを専門にしている会社などで行われています。

それぞれにメリットとデメリットがあって、同じ車を手放すのならできるだけメリットが多い方法で手放したいといえます。

現在乗っている車の市場ニーズや市場価値、それぞれの人の状況などによってどちらの方法がいいのかというのはケースバイケースで違ってきます。

下取りのメリットとデメリット

まず下取りについてご紹介したいと思います。

下取りのメリットは、車の購入するところで売却もできるというメリットがあって、とても便利です。

購入と売却を販売店が一括して手続きしてくれるのでとても気楽です。

同じメーカーの車種を購入する場合は、買取査定よりも高く引き取ってもらえる可能性があったり、値引きがされにくい新車などを購入する時に、下取り価格を高くしてもらえることもあってとてもありがたいといえます。

このメーカーの車しか乗らないと決めている人や、忙しくて時間がないといった人に向いた方法です。

しかし、下取りは一定の基準に基づいて、車が一律に下取り価格が決められることが多いため、人気車種などは市場価値が正しく反映されないという点がデメリットとして挙げられます。

そのため、買取だと高値が付けられる車もかなり安い値段がついてしまうことがあります。

下取りは新しい車の購入とセットでおこなわれるので、車を売却する会社を選ぶことはできません。

そのため、競争によって価格が高くつくという余地はないので、便利な方法ではあるけれども、できるだけ車を高く売りたいという人にとってはデメリットがある方法といえます。

罰金の画像

買取のメリットとデメリット

それに対して、買取という方法は現在の車の状態などに基づいて査定してもらうことができるので、買取り強化中の車に該当する場合などは思わぬ価格がつけられることもあるかもしれません。

できるだけ多くの買取り会社に査定してもらうことがおすすめですが、そうなると時間的にもたいへんです。

そんな場合に、多くの会社に査定してもらって査定額を比較することができる一括査定サービスがあります。

一括査定サービスを利用すると、一度、車種や年代、型式やオーナーの情報を入力するだけで、あっという間に複数の業者に査定をしてもらうことができます。

全国展開の買取会社や地域を中心に営業活動をしている中小の会社など様々な会社が登録していて、より効率的に査定をしてもらうことができて便利です、その中で比較して最も高い金額を提示している会社に依頼することもできます。

買取サイトで査定してもらったところ、下取り価格よりも10万円以上高くなったという場合もありますので、インターネットから手軽に申し込める一括で査定はとてもメリットがあるといえます。

車を購入する予定のディーラーの下取り金額と比較し、その後の新車の値引きや、その後のメンテナンスなどのメリットを比べながら、より利点が大きい方を選ぶようにすることがおすすめです。

できるだけベストな方法を!

長い間乗ってきた車を引き取ってもらって新しい車の値引き交渉ができる下取りという方法と、現在の車の状態に応じて査定をしてもらう買取りという方法を紹介してきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあるのがおわかりいただけたと思います。

新しい車を購入する場合、できるだけ高く買い取ってもらって、少しでも次に乗る車の資金に回したいものです。

基本的には、どちらの方法も確認した上で、よりメリットが大きくなる方を選択する方がおすすめです。

長年乗り続けてきた愛車を手放すことになるのですから、様々な可能性を比較検討してベストなものを選ぶようにしたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク