子育て世代必見! トヨタの新型タンクとルーミーの総魅力まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育ちざかりで、スポーツやお稽古など活動範囲が広がってくる子供たち。

そんな子育て中の家庭にとって、車は欠かすことができません。

特に重要なのは居心地がよく、家族みんなで使えること。

そんな車は強い味方になってくれますね。

家族でお出かけすることもあるので、社内空間はとても重要です。

人だけでなく、荷物もいっぱい載せられるとよいですね。

何世代かのファミリーを乗せる可能性がある場合は、いざという時に多くの人を乗せられることが要求されます。

しかし普段乗る時は、そこまで大きい車でない方が良い、ということもあるでしょう。

そんな子育て家庭にとって、より魅力的なファミリーカーがトヨタより発売されることになりました。

子どもの画像

2016年11月に「タンク」と「ルーミー」が発売!

2016年の11月9日にトヨタが新しく発売した、新型のコンパクトトールワゴンである「タンク」と「ルーミー」。

企画および開発をしたのはダイハツであり、トヨタはOEMで発売を行っています。(OEMとは他社のブランドで製品を作ることです)

ちなみに、トヨペットとネッツのお店ではタンクが販売されており、トヨタとカローラのお店ではルーミーが販売されることになります。

また標準のモデルかカスタムかによって、外見や中身が変わってきますね。

洗練されたデザイン。カッコイイミンバンで家族みんなが大満足

外装についてはルーミーなら品格に艶やかさ、タンクはダイナミックでアグレッシブな要素を現しています。

背が高くなっており、外見からでも室内空間の広さが伺えます。

内装に関しては、ブラウン&オレンジといったカラーが基調になっていて、とても雰囲気が良いですね。

大勢乗っても大丈夫な広い室内

両側にパワースライドドアが採用されており、5人乗りということもあって、ファミリーカーとして期待が持たれていた車種になります。

ちなみにワンタッチオープン機能と予約ロックの機能が付いているのにも注目です。

最小回転半径4.6mとして、コンパクトな車でありつつも、十分な空間を保持しており、大変使い勝手が良い車です。

前後の乗員間距離は、最大で1105㎜。これだけ距離があれば、子供たちものびのびと過ごすことができるでしょう。

後部座席をスライドさせると、かなりの空間になります。

小さなお子様がおられる方は、チャイルドシートなどで何かとお世話をすること多くなるでしょう。

このリヤシートスライドでできる空間は、車内作業をしたい方に便利です。

荷物を置くにも十分なスペースと言えるでしょう。

また、運転席や助手席からは後部座席までウォークスルーができるので、いちいち車外に出て入りなおす必要もありません。

荷物の画像

みんなの荷物をしっかり積載。お友達の分も

荷室も広く、色々なシーンで大助かりです。240㎜スライドができるリヤシート。

これを最大までスライドすれば、スーツケースなら飛行機内に持ち込みができるものが4個は入ります。

この状態で5人乗車ができますので、大人数で旅行に行きたい子育て世代には、力強い味方であると言えますね。

大きなスーツケースがあっても大丈夫。

車で空港まで乗り付けて海外旅行に出かけましょう!

いろいろな道具を詰め込んでキャンプもいいですね。

さらにリクライニング角度が70度になるリヤシート。

これなら車で長距離移動する際も、仮眠をとることができます。

フルフラットにすれば、全身を伸ばした形で横になれるのが良いですね。

車中泊は身体の負担が大きくなりがちですが、この形状であれば、その負担を大幅に軽減することができます。

色の画像

ボディカラーは全部で14色! どの色にしましょうか

9色ボディカラーを基本として、カスタムグレード専用であるツートーンが5色で計14色があります。

またタンクやルーミーにあわせた、専用のカラーも用意されています。

カラーバリエーションがあるので、お気に入りの色を選ぶ楽しみがあります。

派手でクールなカラーから、落ち着いたカラーまで、家族みんなで意見を出し合ってみましょう。

やっぱり、車は運転しやすい方が良い!

シートも適正な位置に配置されているので、少し小柄な方でも乗り降りがしやすいですね。

また運転席の位置が高いのも特徴です。

フロントガラスもとても大きく、座って前方を見るとかなり見晴らしが良いので、心地よく運転ができるはずです。

こうした視界の良さは、特に長距離運転をしている際に感じられると思います。

さらに、子供が同乗しているのであれば、安全性の面でも運転しやすい車はポイントが高いです。

また、このタンク/ルーミーの1.0リットルターボエンジンのパワーも素晴らしく、加速力が違います。

このエンジンは、出力が1.5リットルのガソリンエンジンに相当しているのですね。

運転を担当される方にとっては重要な点ですよね。

子どもの画像

いかがだったでしょうか?

子育てをされている方で、軽自動車などから、もっと大きい車に代えたい、と思っている方にはとても魅力的な車ではないでしょうか。

赤ちゃんから小学生、中学生、高校生とお子様が成長されるにあたって、車もどんどん狭く感じてくるはず。

しかしこのトヨタのタンクとルーミーであれば、そうした子育て家族のニーズにしっかり応えてくれるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク