見た目も大事!車内のオシャレにこだわりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの車の内装は、購入した時のままですか?

シンプルが一番!!の方には、そのままでもよいかもしれません。

しかし、車の中も家のお部屋のインテリアと一緒です。

オシャレにしたほうが、乗り心地だって断然よくなって、愛着も沸きます。

お友だちにも自慢したくなりますよね。

では、どうやったらオシャレな車内にできるのでしょうか?

まずは、どのような雰囲気にするか決めることから始めます。

シックにしたいのか、モダンな感じにしたいのか、ウッド調かなど、好きなものを取り入れるのも大切ですが、車内の内装を統一させることが必要です。

また、せっかくよいものを取り入れても、色やタイプがバラバラではもったいないです。

車内は、家に比べると狭いので、ごちゃごちゃした印象になり、逆効果になってしまいます。

さらに、いくら好きな色合いでも目がチラチラするようだと、運転の妨げにもなりますので、ご自身が落ち着いて居心地よく過ごせることをメインに選んでくださいね。

ではここからは、そんなあなたのために友だちに自慢したくなるパーツをご紹介したいと思います。

➀ドリンクホルダーリング

ドリンクホルダーの画像

まず1つめのおすすめは、「ドリンクホルダーリング」です。

「ドリンクホルダーリング」ときいて、なんだろうと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドリンクホルダーではありません。

今は、納品された車にドリンクホルダーがついているものが多いですが、そのドリンクホルダーにリングのカバーを取り付けることで、簡単にドレスアップができてしまうのです。

それが「ドリンクホルダーリング」です。

リングをつけるだけ?と思われるかもしれませんが、シルバーパーツならドリンクホルダーが高級感にあふれ、また、ぱっと目につくのでオシャレ感を演出できること間違いなしです。

オシャレは、派手なものよりもちょっとしたところから取り入れることで、ぐっとこなれた感じが出ます。

ぜひ、取り入れてみてください。

➁フロアマット

フロアマットの画像

つぎにおすすめなのが「フロアマット」です。

「フロアマット」も、納品された車に搭載されていることがほとんどですが、「フロアマット」1つをとっても様々な色や柄などがあり、とくにお部屋の一部として、模様替えをするようにカスタマイズすることをおすすめします。

「フロアマット」を好みのものへカスタマイズすることで、雰囲気がずいぶん変わります。

シックなモノトーンからセンスの光るカラー、毛足の長い高級感あふれる人気のムートン調などご自身のセンスで楽しむことができます。

「フロアマット」は、それぞれの車種によってパーツが変わってくるので、車種に合わせたものを購入してください。

➂シフトゲートパネル

シフトゲージパネルの画像

3つめは、「シフトゲートパネル」です。

こちらも車が納品された時のままという方にぜひ、おすすめしたい1つです。

簡単にいうと、シフトゲートにパネルをつけてカスタマイズします。

シフトゲートは、たいていシートと同系色であったりするので、とくに目立った部分ではありません。

だからこそ、「シフトゲートパネル」をつけてカスタマイズすることで、1ランク上のオシャレを演出することができるのです。

「シフトゲートパネル」も車種によってシフトゲートの形状がかわってきますので、確認の上、取り付けてくださいね。

④シートカバー(シートエプロン)

シートカバーの画像

車内をオシャレにするものとして、最後に「シートカバー」を紹介したいと思います。

「シートカバー」は、シートを覆うものなので、車内で占める面積が広いため、慎重に選びたいものです。

布製なら、定番の水玉やチェックなどからモノトーン、今大人気の北欧調の柄など、女性らしいものもあります。

色も豊富で、落ち着いたグリーンやブルー、ベージュ、ブラウンなどもおすすめですが、オレンジなども車内がぱっと明るくなるので、とてもオシャレです。

その他にも、皮革などは高級感があり男性にとくにおすすめです。

皮革は値段が高いので手が出せないという方は、合成皮革もありますので取り入れやすいですね。

最近の合成皮革はとてもよくできていますので、皮革と遜色ないと思います。

とは言っても、皮革に手が届きそうな方は、ぜひ本物の皮革をどうぞ。

車内の画像

ここまで、いくつか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初めて聞くもの、もう取り入れているものなど様々なパーツがあったと思います。

すべて、一度に揃えようとするのではなく、少しずつご自身にあったものを見つけ出し、乗り心地のよい車内を演出してほしいと思います。

この他にも車内を演出するのには、まだまだたくさんのパーツがあります。

ティッシュケースやごみ箱の柄を合わせてもいいですし、シフトゲートやフットライトにLEDをつけて楽しむこともできます。

ご自信のセンスで、様々なオシャレな車内に変身させることが可能ですので、ぜひいろいろなことをやってみてほしいと思います。

そして、カスタマイズされた愛車にたくさん乗ってほしいと思います。


diの画像

トヨタ プリウス 50系 ドリンクホルダーリング
販売価格:4,800円(税込)

ドリンクホルダーにドリンクホルダーリングを付ければ、高級感が一気にアップ。

専用クリーナーも付いているので、付けた後のお手入れも完璧です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク