新型フォレスター発売!大人向けに進化!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型フォレスター発売!フルモデルチェンジの全容を徹底解説!

スバルが誇る大人向けのクロスオーバーSUV”フォレスター”が、6年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。

フォレスターは世界中で統一車名で展開する、スバルを代表する看板商品であります。それだけに、今回の5代目新型フォレスターにも期待が高まっています。前モデルとの違いや、今回の目玉となる部分に焦点を当てて、劇的変化でより大人向けに変化した新型フォレスターを徹底解説させていただきます。

出典:https://www.subaru.jp/forester/forester/index.html

走りが一段と進化!フォレスターは裏切らない!

新車を購入しても、どうも走りが凡庸であまり変化がないと感じる事はありませんか?

車雑誌や評論家の評判は高いのに、いざアクセルを踏んでも退屈に感じる。しかし、フォレスターはそんな心配をする必要がありません。

今回の目玉となるのが、走りの変化で上質な走行能力を獲得した事となりますが、それを支えているのが、この新採用された二つとなります。

スバルグローバルプラットフォーム

e-BOXER

①スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とは?

スバルが開発した新世代の剛性能プラットフォームが、”SGP”です。

これが素晴らしいのは、走行性能はもちろん衝突時の安全面でも優れている点です。

スバルと言えば、世界最高峰の安全性能である「アイサイト」があまりにも有名ですが、事故後の衝突も考えた車づくりは、他のメーカーにも影響を与えるでしょう。

試乗した評論家によると、SGPを採用する事で、直線のスムーズな走りだけでなくコーナーでも無駄がなくなり、ワンランクやツーランク上の高級車を運転している感覚になるそうです。クロスオーバーSUVはどうしても車体が重くなり、バランス悪さが走りに悪影響を及ぼすものです。しかし、SGPによって乗り心地や快適性が、助手席や後席でも確実に感じるほど、レベルが上がったのです。

②e-BOXERとは?

フォレスターには、グレードが4種類用意されています。

・Advance…最上級グレード、2000cc + e-BOXER 搭載モデル、309万~

・Premium…上級グレード、2500cc直噴エンジン、302万~

・X-BREAK…中級グレード、2500cc直噴エンジン、291万~

・Touring…エントリーグレード、2500cc直噴エンジン、280万~

今回の目玉となるのは、伝統的な水平対向エンジンに電気モーターの新型マイルドハイブリッドシステム”e-BOXER”を組み合わせた「Advance」となります。

一般的には、ハイブリッドは燃費を助けるイメージがありますよね。だから、従来モデルよりもエンジンを小さくしても、同等のパワーを誇りながら燃費も優れる。

しかし、フォレスターのe-BOXERはさらに進めて、低速域でのトルクをカバーし、加速直後の減速もアシストする事で、レスポンスがさらに鋭くなりました。

最近の欧州車が採用する電動ターボのようなフィーリングを楽しめる、国産車としては別次元の車となり生まれ変わったのです。

外観は伝統的スバル車! 中身は最新装備搭載!

スバル車の特徴として、それぞれの車の外観が似通っている点があります。

これは良くも悪くも統一性があり、メーカーとしてのポリシーを守っていますが、車名が違う車も似ているのは、少々複雑でもあります。

新型フォレスターも、グレード間での違いがほぼ皆無なだけでなく、SUBARU XVやレガシィ アウトバックとも非常に似通っています。

しかし、この手法は国産ではマツダが有名ですが、欧州車ではよくあるパターンなのです。

マツダ同様に欧州車志向が高いスバルとしては、狙って外観を似通わせているイメージ戦略となります。

また内装は一目で大人向けと分かる上品で手の込んだ作りです。「上品」という言葉がぴったりで、Advanceの本革シートではドアなど周辺部も茶色で統一され、高級感とセンス良さが共存しています。

安全装備でライバル車を凌駕!

各メーカーの最新モデルは、どれもが充実の安全装備となりますが、中でもスバル車でありフォレスターは抜きん出ています。

それは”アイサイト”が搭載されているからですが、このアイサイトは何かというと、端的には同価格帯の車と比較すると、数倍以上の価値がある運転支援システムです。

フォレスターには、自動ブレーキをさらに進歩させたアイサイト「ツーリングアシスト」、横滑りやコーナー安定性を高める「VDC」、車線変更や後方サポートする「スバルリヤビークルディテクション」、駐車場での誤発進防止の「AT誤発進抑制制御 &AT誤後進抑制制御」など、いくつもの先進技術が全グレードに搭載されています。

その中でも特筆すべきは、アイサイト「ツーリングアシスト」です。これは、前方車とぶつからないように、自動ブレーキだけでなくハンドルやアクセルも自動で制御されます。

アイサイトの悲願である「交通事故ゼロ」を達成するまで、どのメーカーよりも安全装備には力を入れ続けていくでしょう。

フォレスターのスペック大公開!

フォレスター(Premium、X-BREAK、Touring、Advance)のボディサイズ

全長×全幅×全高:4625mm×1815mm×1715mm

ドア数:5

車両重量:1520~1530kg(1640kg)

乗車定員:5名

ホイールベース:2670mm

※()内の数値は、Advanceになります。

・エンジンスペックと燃費一覧(Premium、X-BREAK、Touring)

排気量:2500cc(2.5L DOHC 16バルブデュアルAVCS 直噴)

最大出力:184ps

最大トルク:24.4kgm

WLTCモード燃費:13.2km/L

WLTCモード・市街地モード燃費:9.6km/L

WLTCモード・郊外モード燃費:14.6km/L

WLTCモード・高速道路モード燃費:16.4km/L

・エンジンスペックと燃費一覧(Advance)

排気量:2000cc(2.0L DOHC 16バルブデュアルAVCS 直噴)

最大出力:145ps

最大トルク:19.2kgm

モーター最大出力:13.6ps

モーター最大トルク:6.6kgm

WLTCモード燃費:14.0m/L

WLTCモード・市街地モード燃費:11.2km/L

WLTCモード・郊外モード燃費:14.2km/L

WLTCモード・高速道路モード燃費:16.0km/L

フォレスターの発売日はいつ?

これだけ走りと安全性能で充実した昨今では珍しい、大人向けのクロスオーバーSUV”フォレスター”の発売日は、以下の通りです。

7月19日…Premium、X-BREAK、Touring

9月14日…Advance

e-BOXER搭載の”Advance”だけ、発売日が約2か月遅れと違うのでお気を付け下さい。

スポンサーリンク

DIプランニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加