どっちを選ぶ?ハイオクとレギュラーのガソリン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんのお持ちの車はハイオク車ですか?

それともレギュラー車?ガソリンのハイオクとレギュラーの差は値段だけではありません。
詳しくご紹介します。

ハイオクとレギュラーの違いは?

ガソリンの画像

ガソリンはハイオクとレギュラーの2種類あります。

ハイオクとは「プレミアムガソリン」とも呼ばれ、「ハイオクタン価ガソリン」の略です。
つまり、オクタン価が96以上と高いガソリンのことです。

レギュラーはハイオクに対してオクタン価が89〜96未満のガソリンということ。

このオクタン価はJIS規格で定められています。

価格は10円/L前後違います。

オクタン価とは?

エンジン内での異常燃焼・ノッキングのしにくさを示す指数のこと。

オクタン価が高いほど引火点が高く燃えにくく、ノッキングが起こりにくく、高馬力が出るので、スポーツカーや大型車に使われます。

自然発火しにくいガソリンの方が設定したタイミングで発火し、効率よくエネルギーを伝えられます。

オクタン価は0〜100の数値で表されます。

ノッキングとは?

車のエンジンは、ピストンを動かし運動エネルギーで動いています。

その大きなエネルギーを得るためにガソリンを爆発させています。

オクタン価が低く、発火しやすいレギュラーガソリンはベストなタイミング以外でも爆発し、その衝撃が燃焼室でキンキンと金属をノックしているような音がします。

これがノッキングという現象です。

エンジン性能の低下、燃費の低下につながり、最悪エンジンブローしてしまうことも。

最近のエンジンはノッキングセンサーというノッキング回避の機能が搭載されていて、ノッキングを感知したら車のPCが自動で爆発のタイミングを調整してくれるようです。

なんで価格が違うの?

なぜハイオクとレギュラーでは10円/Lと差があるのでしょうか?

それは、オクタン価を高くするためにレギュラーよりも添加物が多く入っているためです。

この添加物のせいでハイオクはレギュラーよりも燃えかすが多く出ます。

そのため、ハイオクには洗浄剤を入れ、燃えかすを取り除いています。

添加物・洗浄剤の分価格が高くなっています。

ただし、一部のレギュラーにも洗浄剤が入っているものもあるようです。

ハイオク車とレギュラー車どこでわかる?

もし自分が乗っている車がハイオク車なのか、レギュラー車なのか、どちらか知らないという人は、給油口の内側に記載されているのでそこで確認してください。

給油口に見当たらなければ、取扱説明書に必ず書いてあるので、そこで確認してください。

ハイオク車にレギュラーガソリンは入れてもいいの?

ガソリン代が高騰してる今、気持ちはすごくわかります。

でも、それはやめておいたほうが良いでしょう。

最近の車だと、燃費は変わらないようです。

それに車が壊れるということもあまりないようですが、エンジン性能が落ちてしまいます。

エンジン性能が落ちてしますとハイオク時代の加速が低下し、自然とアクセルを踏みすぎてしまうそうです。

これで、10円/L節約の意味はなくなりますし、余計に燃費が悪くなったということに陥ってしまいます。

レギュラー車にハイオクガソリンの場合は?

レギュラー車にハイオクを入れると、燃費が上がる、パワーが上がる、洗浄剤によってエンジンがキレイになると思いますよね?

でも、これは全部都市伝説なんです。

エンジントラブルなどはありませんが、レギュラー車はオクタン価が低くても正常に燃焼するように設計されています。

つまり、レギュラーガソリンが着火するタイミングで一番エネルギー効率が上がります。

ハイオクとは着火温度が違うのでハイオクのメリットが生かせません。

最近の車では、センサーで着火温度を測って、自動的に最適な燃焼効率にエンジンが合わせてくれるので、ハイオクでも無駄なく走れます。

ですが、ハイオクを入れたところで値段以上の燃費は期待できず、馬力も体感できず、すでに汚れているエンジンをキレイにする効果はないのでエンジンルームも綺麗になるわけではない。

ないないづくしで損をしてしまいます。

ただ、もともと燃費が極端に悪い車に使用した場合、燃費が上がることもあるようですが、これは本当に極端な話なのであまりお勧めはできません。

レギュラー専用車にはレギュラーガソリンが一番効率的です。

わざわざ何の恩恵も得られない高いハイオクを入れなくても、正常に効率的に走れればいいと思います。

専用車にはそれなりの理由があった

ハイオク専用車にはハイオクガソリンが効率的に働ける設計で、レギュラー専用車はレギュラーガソリンへの対処された設計で作られているので、それぞれの特性を一番発揮できるように指定のガソリンを入れることをお勧めします。

きっとガソリンの違いだけで、燃費を考えるとコスト的なところは変わらないのかもしれませんね。

逆にハイオク車にレギュラーガソリンを、レギュラー車にハイオクガソリンを入れると燃費が悪く、特性も生かせないのでコストが高くなってしまうのではないでしょうか?

専用車には理由があります。

それぞれにあったガソリンを使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク