TOYOTA新型プリウスが発売延期!発売は今冬か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型プリウスの画像

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/10418906

TOYOTA自動車は新型プリウスの発売を、当初の今秋10月から延期すると発表しました。

新車の発売を延期するというのは、業界でも異例中の異例といわざる得ません。

延期の理由は「お客様により良いクルマを着実に届けるため」と公式に発表していますが、楽しみにしていた方々に取っては、いま少し待たねばなりませんね。

■プリウスのゆるぎない人気

ハイブリッド車の先駆けとして、世界の市場にデビューしたプリウス。

発売と同時に大人気に支えられ、年月と共に進化し、少しずつ改良を加えてきました。

衝撃的だったのは2015年12月に発売された、4代目となったプリウス。

大胆なフルモデルチェンジを行い、国内での人気は実に4ヶ月連続、販売台数ナンバーワンを保持してきました。

少し落ち着いた現在でも、注文から手元に届くまでは半年ほど待たねばなりません。

しかし世界的にハイブリッドが当たり前になってきた昨今、トップを走ってきた車として更なる飛躍が求められていました。

性能ばかりでなく、先進的デザイン、EV走行距離の拡大など、常に進化する最上級のモデルとして発表する意図があることでしょう。

マニアックユーザーの多様な要望に応えるべく、TOYOTAは発売にも慎重に対応していると思われます。

■新型プリウスPHVの見た目の変化

・外観の大胆なデザイン

プリウスの画像

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/10418906

フロントのヘッドランプに4連のライト(LEH)を使用し、フォグランプやディライトなど、大胆で斬新なデザインになっています。

バンパーに至っては迫力のあるデザインです。

リアのデザインは視線が引き込まれるようなインパクトがあります。

見た目からも従来のプリウスとPHVの違いをアピールしているようです。

・内装の細やかさ

内装の画像

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/10418906

静電式のタッチパネルを使用することにより、スマホ感覚で車内のフリック、ナビ画面、オーディオエアコン機能を操作できます。

大画面ディスプレイを採用しているため、走行中の操作が便利になっています。

■新型プリウスPHVの性能の変化

プリウスの画像

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/10418906

・性能もUP!

現在のプリウスのPHVは4.4kWhのバッテリー満タンにした場合、走行距離は26・4Kmです。
しかし新型PHVは60Kmにmsfr伸びました。

これは大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しているためです。

また従来の走行用モーターに加えて、発電機としていたモーターを走行用としても利用できる点も見逃せません。

・太陽光パネルの搭載

外部からの充電には幅広い対応が可能になりました。

家庭用電源に加えて、街中にある充電スタンドでも使えるようになります。

充電時間も短縮できて、200V電源が2時間で満充電、100Vは15時間、急速充電は最短20分でバッテリー要領の最大80%まで充電できます。

生活スタイルにより、EVモードだけで走行できる人も増えると思います。

ルーフにはソーラーパネルが設置可能です。

車を駐車している間に太陽光発電によりバッテリーに充電できるばかりでなく、走行中にはバッテリー内の電力消費を抑えてくれます。

これにより、災害時の燃料補給が出来ない場合、太陽光が力を発揮することでしょう。

・静かです

従来のモデルに比べて、さらに静粛性能がアップしました。

発信、加速を経て高速にいたるまで、バッテリー電力が充分にあれば、モーターだけでの走行が可能になりました。

モーターだけでの走行中はエンジンは止まっているため、静かな走りが実現するわけです。

■新型プリウスPHVの予想価格

プリウスの画像

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/10418906

今回のPHVは性能もグレードの大幅にUPすることから予想しにくいですね。

現行モデル4代目はSグレードで247万円、Gグレードで320万円以下ですから、それよりも80万円前後高くなるのではないでしょうか?

つまり、予想価格は最低でも330万円はするのではないでしょうか・・・
あくまでも予想です。

■まとめ

新型プリウスPHVはTOYOTA が世界に向けて、プリウスが登場した時のように、再び衝撃を与えるために慎重に慎重に準備を進めてきた、未来型の車です。

あらゆる技術を駆使して、世界初というチャレンジがあちらこちらにちりばめられています。

「先読みエコドライブ」という、ドライバーの過去の運転傾向を分析して、減速・停止を見越して指示を出し、燃費の更なる向上をはかるなど、細やかな気配りが嬉しいですね。

少しご対面が先延ばしになりましたが、それだけに楽しみも増えることでしょう。

待ちに待って、いよいよ今年の冬発売とのこと。

今から待ち遠しいですね。

■プリウスのパーツ・フロアマット販売のオススメ店

・DIプランニング

プリウスのフロアマットとラゲッジマットが、セットで登場!

かなりお買い得な商品となっています。

01261459_56a70b54e5617

商品コード:prius50-r_3
販売価格:12,400円(税込)

トヨタ プリウス
ZVW50 ZVW51
平成27年12月~フロアマット&ラゲッジマット DX

このDIプランニングは、プリウスだけでなく様々な種類のフロアマットやドアバイザー、ステンレスパーツを揃えてくれています。その数なんと4,000種類以上!

欲しかった商品もきっと見つかるはず!オススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク