絶対に避けられない車の悩み!どうする?梅雨時のカビ対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対に避けられない車の悩み!どうする?梅雨時のカビ対策

梅雨のジメジメするこの時期は、お風呂場やタンスの中にカビが繁殖しやすくなり、カビ対策に力を入れている人も多いと思います。

しかし、もちろんお家のカビ対策はもちろんですが、忘れてはいけないのが車の中のカビ対策です。

車の中は意外にも湿気が溜まりやすく、車内に溜まった湿気とホコリや汚れが原因で、カビが繁殖しやすくなります。

そんなカビの嫌なニオイを、今の梅雨の時期に感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

カビのニオイで不快になるだけでなく、身体に入るとアレルギーの原因になってしまったり、感染症やカビ中毒になってしまいます。

ですので、きちんとカビの対策をして健康的な車内を保ちたいものですね。

梅雨のときどうする?車内のカビ対策ご紹介!

rust03

そこで今回は、梅雨の時期にしておきたい車内のカビ対策をご紹介します。

車内の掃除する

まずは、カビの元となるホコリや汚れを無くすことから始めましょう。

フロアマットを外して、ハンドクリーナーや掃除機でゴミを吸い取ってください。

そして、シートの隙間やドアの隙間の細かいところも忘れずに、綿棒や歯ブラシを使ってキレイにしましょう。

ダッシュボードやハンドルなど、水拭きできるところは水拭きするようにしてくださいね。また、湿気が特に気になる方は、水拭きした直後にから拭きをしておくと◎です!

エアコンの内部洗浄をする

エアコンの内部洗浄をやったことがある人は少ないのではないでしょうか。

エアコンの内部洗浄のやり方がわからなかったり、手間がかかるのでやらなかったり、エアコンの内部洗浄をすること自体知らなかったり、様々だと思います。

ですが、エアコン内部はカビが繁殖しやすい場所なので、一年に一度はエアコンの内部洗浄をしておきたいところです。

手間をかけたくない人は、ディーラーにお願いをしてエアコンの内部洗浄をしてもらいましょう。

5000円前後で洗浄してもらえるそうです。

自分でエアコンの内部洗浄をするという人は、3000円前後で洗浄液が売られているので、それを使ってエアコンの内部洗浄をしましょう。

エアコンのフィルター掃除・交換をする

エアコンの内部もそうですが、エアコンのフィルターもカビの繁殖しやすい場所の1つです。
ですから、エアコンのフィルターもこまめに掃除しましょう。

エアコンのフィルターを掃除すれば、カビ対策になるだけでなくフィルターについていたホコリや汚れが取れて、スムーズに風が送り出されるので、ガソリン代の節約にもなるんです。

こちらも手間がかかるので、手間をかけたくないという人はディーラーに頼んで、エアコンのフィルターを交換してもらいましょう。

自分でエアコンのフィルターの掃除ができる人は、車の説明書、洗浄液の説明書をしっかり読んでから掃除をしてください。

自分でエアコンのフィルターの掃除をすると、フィルターが洗い過ぎでボロボロになるのを防ぐこともできます。自分で掃除した翌年にはフィルターを交換することをおすすめします。

フロアマットを洗う&乾燥をさせる

意外と忘れがちなのがフロアマットです。

雨の日は、どうしても濡れたままの靴でフロアマットに上がるので水分が溜まり、なおかつ車の中は湿気が逃げにくいので、そのままの状態にしておくとカビが繁殖してしまいます。

カビが繁殖する前に、晴れ間を狙ってフロアマットを洗いましょう。

まずブラシやたわしを使い、食器洗剤のような中性洗剤を付けてマットを洗います。

そして、泡がなくなるまで水ですすいで下さい。

最後に、よく乾燥させて下さいね。ここでしっかり乾かさないで車に戻すと、逆にカビが繁殖しニオイの原因になってしまいます。

十分に乾燥させたいけどなかなか洗う時間が取れない人は、代えのフロアマットを1セット用意しておけば、焦らずフロアマットを洗って乾燥させることができますよ。

車を掃除した後のカビ対策

rust02

エンジンを止める前に暖房にする

車の運転が終わる10前になったら、窓を開けて最大の風量・温度で暖房にして下さい。

暖房にすることで、エアコンの内の水分が飛び、カビの繁殖を防ぐことができますよ。

時間がなけれが、5分ほどでもある程度の効果は期待できるでしょう。

車内での食事は極力避ける

カビの原因になるのは、湿気だけではありません。

車内に落ちてる食べ物の食べカスも、カビが繁殖する原因になりますので、できるだけ車内で食べないようにするのがおすすめです。

食事をした場合、車内の掃除をしっかりやりましょう。

タオルを用意しておく

水分をできるだけ車内に持ち込まないためにも、何枚かタオルを用意しておくと良いでしょう。

雨に濡れた傘や靴をタオルで拭けば、フロアマットやシートが濡れずに済みますよ。

また窓が結露した時や、ちょっとした車内の掃除の時にも使えるのでとても便利です。

まとめ

rust01

今回は車のカビ対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

車内の掃除だけだったら、ほとんどの人がやっていると思います。

ですがエアコンの内部洗浄や、エアコンのフィルターの交換までやっていた人は、少なかったのではないでしょうか。

車を買って何年もエアコンの内部洗浄やエアコンのフィルターの交換をやっていなかったら、かなり危険です!

今からでも、カビが繁殖しないように車内のカビ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク