e-power導入の新型セレナ!先進安全装備も充実!燃費や実力を徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産 e-POWERを新型セレナに導入!

往年の日産ファンは、スカイラインやブルーバード、或いはシーマなどがこの名門ブランドの代表車だと思っているでしょう。それも間違ってはいませんが、今や少数派です。

現在の日産を代表するのは、電気自動車のリーフであり、コンパクトカーでe-POWERのノートであり、そして今回の新型セレナなのです。

日産の新車ランキングなどをチェックしても、これらの車が常にランキング上位に君臨しています。

ここで一際注目してほしいのは、今回のセレナです。

リーフやノートは最新エコカーでもあるので、売れるのは分かりますよね。しかし、セレナは今回の新型が発売されるまで、競合他社のミニバンや日産車と対抗しても人気が落ちないとんでもない車なのです。

幅広い支持を確立した、近年の日産を代表するヒットという事になります。

それだけに今回、e-POWERが導入される事は期待が膨らんでも仕方がないですよね。

では、今回の新型セレナについて深堀りしていきます。

今回の新型セレナは、e-POWERは導入される事で注目を集めていますが、正確には2016年8月から発売されている5代目セレナにe-POWER搭載モデルが新たに追加されたものです。

それまでは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルだけですが、これでも十分人気があり売り上げも確保していました。

しかし、ファンや市場からはe-POWERを導入するよう、期待の声が高まっていたのです。

そんな絶好のタイミングで、3月1日から発売が開始され、日産や車ファンだけでなくファミリー層などからも注目を集めています。

日産 e-POWERを知らない人向け解説!ハイブリッドとの違いは何?

あまり車に詳しくないと、”e-POWER”と書かれても何となくしか分からないですよね。

これを簡単に説明すると、「電気自動車」+「ハイブリッド」となります。

ハイブリッドとは、エンジンとモーターの両方を組み合わせて走行しています。

対してe-POWERは、電気自動車の面も踏まえてのハイブリッドの一種となります。

正確な電気自動車はリーフだけとなり、新型セレナやノートなどのe-POWERは、トヨタなどの従来型ハイブリッドに近いのです。

・電気自動車…リーフ:モーターのみで走りエンジン不要、バッテリーで発電

e-POWER…新型セレナ、ノート:モーターのみで走るが、エンジンで発電

・ハイブリッド…トヨタやホンダなど:エンジンとモータで走るが、基本はエンジン走行

補足として、プリウスPHVや海外のハイブリッドなどは、また違った面もありますし、スズキのハイブリッドやマイルドハイブリッドもまた違いがあります。

要は、多くの自動車会社がそれぞれ独自のハイブリッドや電気自動車の技術を競い合っている過渡期なのです。

その中で、燃費だけでなく走行性能やパワフルな走り高級車以上の静粛性で優れているのが、日産e-POWERなのです。

新型セレナのここが凄い!

それでは、新型セレナe-POWERの最大の特徴を調べていきます。最近の車は、燃費の良さをアピールするものと、ハイブリッドやディーゼルでもパワーやトルクを前面に打ち出しているものがありますよね。

その中でも、新型セレナはさらに他社以上の特徴がいくつもあります。

エンジン1200ccながら、2500ccや3000ccと比較しても遜色ない走り!

・燃費も驚異の1リッターあたり26キロ、ライバル車のステップワゴンは25キロでミニバントップ君臨!

高速道路の半自動運転自動ブレーキ車線逸脱システムなど先進安全装備も充実!

主な特徴はこの三点ですが、特筆すべきは燃費と走行性能を両立させている点となります。

ミニバンは車体が大きく重くなるので、そこで燃費良くするのは難しいですよね。ここで、燃費に舵をとると、走り好きな人には退屈に感じるものです。

しかし、新型セレナはノート同様にアクセルだけで走行可能な”ワンペダル”を導入し、ブレーキを踏まなくてもアクセルだけで運転できます。

また、先ほど説明した電気自動車の補足として、リーフは充電が必要となる弱点がありますが、e-POWERのセレナには必要がありません。

ですから、ガソリンを入れて走りは電気のモーター走行という、良い面だけを取り入れた現時点の近未来自動車の姿なのです。

新型セレナの欠点や残念な点はどこ!

私見としてなら、現在購入可能な自動車の究極の一台だと思いますが、弱点というか改善要求点もいくつかあります。飽く迄も個人的な意見と踏まえて、

・車両価格が廉価グレードでも300万円から

夏、冬のエアコン作動時や高速などの燃費が不安

・高速の自動運転は雨天時など大丈夫か?

・日産車はオプションを付けると価格高くなる?

発売して僅かなセレナに対してというよりは、e-POWERに対する問題点も含めています。

これらがセレナで改善されていれば問題ないですが、車両価格は最新技術が導入されているとは言え、少し高いと感じる人も多いかもしれません。

ライバルミニバンと比較すると、割高感がありますし、ネックに感じる人もいるでしょう。

また、燃費に関しては冬が悪いという、世間の声が多いです。これも、セレナで改善されているか確認するべきでしょう。

それでも新型セレナが売れる理由

近年のミニバンランキングを見ると、今回のセレナが100%確実にヒットすると、容易に想像ができます。

それは何度も説明してきましたが、日産が誇る最新技術の”e-POWER”×”大ヒットミニバン”の魅力を掛け合わせているからです。

これが売れない訳がないのです。細かな粗を探せば、それはどんなメーカーのどんな車でも弱点や欠点はあります。

しかし、セレナはそれを踏まえても横綱らしいドーンとした姿で、再びミニバンシェアのトップに返り咲くでしょう。

何よりも、女性や主婦などのファミリー層からも大変人気があり、この層は一度車を決めてしまうと、再び同じ車を購入する事が多いですよね。

旧型セレナを下取りし、新型セレナを購入する人が一気に増えそうなのです。

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加