レクサスに日本初の電子ドアミラー!サイドミラーレスのメリットとデメリットは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級車として人気をほこるレクサス

2018年10月末日に日本で初めてとなるデジタルアウラーミラーを搭載したレクサスを発売ということで話題になりました。

車好きの間では待ちに待った装備となりますが、果たしてサイドミラーレス(電子ドアミラー)は使える機能なのでしょうか。

電子ドアミラーのメリットとデメリットについて、ウォッチングしていきましょう。

電子ドアミラー(サイドミラーレス)とは

電子ドアミラーとはいわゆる通常のドアミラー(サイドミラー)の代わりに、デジタル系ミラーが標準装備されているということ。

海外では電子ドアミラーがある車のことを「ミラーレス車」と呼んでいます。

通常はアナログな鏡を見て後方やサイドを確認しなければならないものの、電子ドアミラーがあることによって鏡を覗かずにディスプレイを見るだけで、周囲の状況を確認することができます。

車外に搭載されたカメラが目視では確認しにくいあらゆるゾーンを人の代わりにリサーチしてくれるため、まるでAIがアシストしてくれるような乗り心地の良さを実感することができます。

スポンサーサイト: レクサス フロアマット カーマット パーツ

レクサスに日本初のデジタルアウターミラー設定

海外では標準装備されつつある、デジタルアウターミラー設定。こちらの機能にイチバン乗りで名乗りを上げたのが、日本がほこるトップブランド・レクサスです。

2018年10月末に発売されたレクサスESシリーズに標準装備されているため、国産ミラーレス車を購入したいなら、こちらの車をお買い上げするのがオススメです。

ちなみにESシリーズの内部モニターはハンドルの右側に設定されています。

今までの右サイドミラーがあった所と、ほぼ同じ箇所に位置しているため初めてミラーレス車に乗る方でも安心して使いこなすことができそうです。

またレクサスESシリーズの外部カメラは、ドアの取っ手部分のやや上に設置されています。まるでコンドルが羽ばたいてるがごとく、翼のように開いたデザインがセクシーでオシャレ。

右に曲がるとき・左に曲がるとき・バック駐車をおこなうとき、見たいところを拡大表記することもできます。

首をあれこれ伸ばして目視しなくても良いため、体力を温存しながら楽しいカーライフを送ることができそうです。

海外での電子ドアミラーの普及率は?

日本で電子ドアミラーが発売されたと聞くと、ひと足お先にミラーレス車が解禁になった世界の普及率を知りたくなるもの…。

ミラーレス車の開発と販売に積極的なのは、アメリカよりもヨーロッパ圏。

2016年にミラーレスが解禁になったヨーロッパではアウディやBMWなど名だたる大手メーカーが、電子ドアミラーが搭載された車を発売・もしくは開発しています。

もちろん全ての機種において電子ドアミラーが搭載されているわけではないため海外での電子ドアミラーの普及率は伸びしろを含んだ開発途上国…といった状態が続いています。

これからアウディやBMW以外の車がミラーレス車の販売を始めていけば、海外における普及率は日増しに上がっていくものと推測されます。

AI化やキャッシュレスの文化が進んでいくにつれて、世界的に見てもミラーレス車は「クルマ界の当たり前の日常」となっていくことでしょう。

サイドミラーレスのメリット・デメリットは?

サイドミラーレスの良い点と悪い点についてチェックしていきましょう。

・サイドミラーレスのメリット
死角がないので事故のリスクが減る
◇雨の日や夜間の運転でも安心感
◇最先端の設備

サイドミラーレス車のメリットとして、まず安全性が高くなるということが挙げられます。

人間の目で見たときと比べて死角になるゾーンが減るため、思わぬアクシデントを避けることができます。悪天候の日でもカメラはしっかり周囲を監視してくれるため、心強い助っ人をゲットしたかのごとく安定した運転をおこなうことができます。

日本でミラーレス車はまだ目新しい存在のため「乗っているだけで自慢できる」「ステータスになる」というのもメリットのひとつでしょう。

サイドミラーレスのデメリット

◇システムエラー時のリスクがある

反対にサイドミラーレス車の場合、システムがエラーを起こし動かなかったとき、やはり安全性に疑問が残ります。万が一システムに不備が出た場合は、最悪システムが正常に起動するため運転を控えるなどの措置も必要になります。

電子ドアミラーの普及にあたっての課題とは?

レクサスの新機能がヒューチャーされていますが、日本のクルマ社会でさらに電子ドアミラーが盛り上がるためには、どのような課題が残されているのでしょうか。

すべてのメーカー参入が必須

現時点では日本ではレクサス1メーカーだけしか、電子ドアミラー搭載車を発売していません。

レクサスのような高級車に乗れる人は日本においてごく一握りのため、日本全国が電子ドアミラー搭載車になるためには、やはり「全車の標準装備化」が求められます。

日本のミラーレス車の発売はまだまだ始まったばかりですが、これからはさらに価格の安い普通車や軽自動車にもミラーレス化の勢いは波状していくものと推測されます。

未来のクルマ社会がどのように進化していくのか、ますます目が離せなくなりそうです。

スポンサーリンク

DIプランニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加