軽自動車に白ナンバーはいつまで?その登録方法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽自動車で白ナンバー!?図柄入りナンバープレートとは?

最近見かけることが多くなった、軽自動車に白ナンバーを付けて走っている車。

みなさんも見かけたことがあるのではないでしょうか。

実はあれは、『ラグビーW杯』・『東京オリンピック・パラリンピック』の特別仕様ナンバープレートなんです。

軽自動車の黄色いナンバープレートに不満を持っていた人も、ナンバープレートの数字にこだわって取得した人も、これから車を購入しよと考えている人も・・・。

期間限定となる特別ナンバープレートを手に入れられるのは今だけ!!

特別仕様ナンバープレートについてまとめてみました。

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート

2019年に我が国で開催されることが決まっている『ラグビーワールドカップ2019』。
これを記念して交付が始まったのが下記のナンバープレート。

こちらは2017/4/3から交付が始まっています。

元々白ナンバーである普通車はもちろん、軽自動車でも白いナンバープレートを取得することができます。

ただし、事業用については、登録自動車のみが交付対象となっているのでご注意下さい。

デザインは写真の右側のように大会のロゴのみが入ったシンプルなものと、写真左のようにプラスで図柄の入ったものの2種類。

この二つのデザインの違いは、『寄付金を払うかどうか』です。

国土交通省のHPによると1000円以上の寄付をするとどちらのデザインするか選べるようです。

この寄付金は、試合会場への輸送力増強等に充てられるということです。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート

2020年に東京で開催される、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』の大会開催機運の盛り上げに貢献するため交付がはじまったのが下記のナンバープレート。

こちらは2017/10/10から交付が開始されています。

こちらも、ラグビーW杯同様に普通車のみならず軽自動車も取得可能となっており、デザインも寄付の有無で二種類が用意されています。

申込み方法は?

申し込みはお近くのディーラー・整備工場などで受け付けています。

知識が少ないし、自分で申し込むのは面倒という方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

もちろん、自身でウェブサイト(図柄入りナンバープレート申込みサービス)で簡単に申込しこむこともできます。

現在、2つの特別仕様ナンバープレートは現在同じサイトから申し込むことが出来るようになっております。

申込みサービスは、現在のナンバープレートの番号を交換することなく新しいデザインに変更できる『交換』と新たに希望する番号を取得できる『希望番号』を選ぶことが出来ます。

交付料金は?

ナンバープレートの交付料金は地域により異なりますが、平均すると8000円~10000円くらい。

思ったよりも、安い値段で交付することができます。

地域別にみると、関東・中部地方が他の地域よりも若干料金が安いようです。

料金の詳細は、最寄りの運輸局・運輸支局等にお問合みて下さい。

使い終わったナンバープレートは

ワールドカップ・オリンピックを記念して発行されたナンバープレートなので、オリンピックが過ぎたら使えなくなるのでは?と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ナンバープレートは取り付けた車を廃車にしてしまうまでは、そのまま使うことができるます。

車を廃車にした後は、ナンバープレートは不正使用防止のための穴を開けた上で、取り外したナンバープレートを記念に保存することができます。

いつまで受け付けているの?

この特別仕様ナンバーの交付は、

『ラグビーW杯』のナンバープレートが2020年1月30日まで、

『東京オリンピック・パラリンピック』のナンバープレートが2020年11月までです。

それを過ぎると、再交付もできないそうなのでご注意ください。

今後も増える

他の人と違うナンバープレートは欲しいけど、今回のデザインがちょっと・・・という方にご紹介したいのが、

地域の魅力を発信する目的で交付が始まる『地方版図柄入りナンバープレート』。

地域の名産品や景勝地など、それぞれの自治体がデザインを選定することになっています。

その多くは、住民投票やインターネット投票などで決められます。

現在も、投票受付中の自治体もありますので、あなたがも1票を入れてみてはいかがでしょうか。

現在、地方版図柄入りご当地ナンバープレートの交付が決まっているのは、全国41地域。

実際に交付が始まるのは2018年10月~ということです。

さらに現在も募集が行われているのが『“ご当地”図柄入りナンバープレート』。

こちらは、上述の地方版図柄入りナンバープレートよりも要件がかなり緩和されているため、より多くのご当地が名乗りをあげることと思われます。

こちらのご当地図柄入りナンバープレートの交付は2020年度を予定しています。

まとめ

現在も増え続けている図柄入りナンバープレート。

現在は軽自動車に人気が集中しているようですが、今後は普通車でも図柄入りナンバープレートは広がっていくのではないでしょうか。

期間限定となる「ラグビーW杯ナンバープレート」・「2020東京オリンピック・パラリンピックナンバープレート」だけでなく、個性豊かなご当地ナンバープレートまで、今後もその変化に注目していきたいです。

関連記事:車のナンバープレートにアルファベット?ナンバーの数字の意味!

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加