未使用車を選ぶメリットとデメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新古車未使用車と書かれた看板や広告などを目にしたことがあるかたは、たくさんいらっしゃると思います。

ディーラーや中古車専門店などに行くと、『未使用車』という表示されている車が置いてあることもあります。

車を買うのは誰にとっても人生の一大事です。

新古車や未使用車がどのような車の事をいうのか、きちんと説明できる人はそれほど多くないのではないでしょうか。どのような分類の車として扱われているか分からない人もいるかもしれません。

今回は未使用車と新古車、そのメリットについて紹介していきたいと思います。

未使用車と新車・中古車との違いとは

・未使用車は新車ではなく実は中古車

未使用車や新古車は新車では無く、中古車としての扱いになります。

その理由としては、通常の新車は工場からの出荷時に購入者の名義で登録を行います。

しかし、いろんな都合などによってディーラーが車を買い取ってディーラーの名義など実際に使用する人ではない名前で登録を行うことがあります。

このようにディーラー名義で車を買われたものは中古車としての扱いを受けますが、使用は少しだけだったり、工場からディーラーのお店まで走っただけの走行距離なので、中身や外観はほぼ新車としての性能を保っています。

そのため、これらの車は未使用車や新古車としてお店で売られています。

新古車という表記は今では使用されていることが少なく、未使用車という表記で売られていることが多いです。

新古車と表記すると、お客さんの中には新車と勘違いしてしまう人がいるため、新古車という看板はあまり見かけなくなりました。

このような理由から新古車や未使用車としてお店で売られています。

・未使用車や新古車が出る理由は

未使用車や新古車が出る理由はいくつかあります。

まずは、工場内や工場からお店まで少し運転する機会などが生じてしまうためです。

ある状況ゆえに新車を動かさなければならないときはナンバーの登録を行い、登録してしまったなら新車ではなくなってしまうことから、未使用車や新古車が出てしまいます。

また、もう1つの理由はディーラーの成績が関係しています。

こちらの理由がおそらく圧倒的に多いでしょう。

携帯電話販売店のノルマと奨励金について、しばしばニュースになっているのを見かけますが、車でも同じ減少が発生します。

ディーラーや販売店にはもちろんのこと、車の販売台数にノルマがあります。

販売台数のノルマをクリアするとメーカーから莫大な奨励金がもらえます。

あと数台でノルマ達成出来、奨励金がもらえるとしたら・・・。

そして、その車が未使用車として、人気があり新車とは別の方法で販売できるとしたら・・・。

という理由で大量の未使用車が世間に出回っているのです。

未使用車は登録上は中古車としての扱いになっていますが、中身や外側は新車と変わらず、中古車のように走行距離も多くはなく、数十キロメートルほどです。

それでも、新車ではないので新車よりも安く未使用車は販売されます。

実際に未使用車の車はかなり売れているため、売り上げとしても計算することができます

これらの理由から、未使用車の流通が増えているのです。

未使用車のメリットとは

未使用車にはいくつかのメリットがあります。

以下に、未使用車のメリットをご紹介します。

なんといっても価格の安さ

まずは、新車よりも価格が安いことです。

新車に比べて、未使用車であれば車体本体価格が、2割程度安くなっている場合もあります。

1割2割ほどの割引が効いて、ほぼ新車の状態であるならば、かなりお得に車を買うことができます。

たとえば、新車で約130万円のある軽自動車の未使用車は、110万円ぐらいで販売されています。

それだけではありません。

車を購入する際には、色々な諸費用がかかります。

この費用が新車より割安という点も大きなメリットだと言うことができます。

重量税を例にします。

新車でなければ重量税を支払う必要がないがないので、価格の安さに繋がります。

新車を購入した際は重量税を支払う必要がありますが、未使用車はすでにディーラーが重量税を支払ってくれて入れているので、重量税を支払う必要もありません

重量税は車によっては高い金額となっているので、それが既に支払われているのはとてもお得だと言えます。

軽自動車の場合は重量税が安いためメリットはそれほど多くはありませんが、大型のミニバンの未使用車を狙っている方であれば、かなりの金額を節約できるのではないでしょうか。

中身は新車と同じなので、新車に重量税を支払う必要がなく購入できるという見方を持てます。

諸費用には他にも、自動車取得税・自動車税などもあり、費用はかなりお安くなります。

当然、納車期間が短い

未使用車は新車よりも納車期間が短いです。

新車の場合は納車まで3週間くらから、人気で生産待ちとなっている車であれば、数か月待たされる場合があります。

しかし、未使用車の場合は2週間ほどで納車することができ早く運転することができます。

納車の期間が長くて待ちきれないと思う人は、未使用車ならば長く待つ必要が無く、中古車のようにメンテナンス等の心配もないのでお得です。

未使用車のデメリット

未使用車はメリットばかりではありません。

デメリットも存在します。

・人気の車は品薄で、自分好みの車に出会えるかわからない

未使用車は自分の好みの車を必ず見つけられるという保証がありません。

現物のみの販売となるため、人気の車が売られていなければ売られるのを待つ必要があります。

オプションにも拘りを持ちたいという方も、新古車を選ぶのはお勧めできません。

後付できるオプションなら良いですが、取り外せない(交換できない)オプションが既についていないか、自分の欲しいオプションかどうかはきちんと確認することをお勧めします。

・現車確認に手間がかかる場合も・・・

新車であれば、ディーラーなどで試乗をしたり、展示している車を確認することができます。

近所のお店で運よく希望の新古車が見つかれば良いのですが、現車の確認のため、遠くまで行かなければならない可能性もあります。

このような理由の為、自分好みの一台を見つけるのに苦労する方もいらっしゃるでしょう。

・ワンオーナー車ではなくなる

そこまで大きなデメリットではないかもしれませんが、書類上ではワンオーナー車ではなくなってしまうという点があります。

中古車市場では、やはりワンオーナー車というのは人気が高いです。

後々、車を売却事を考えている方は、ワンオーナーではないため、少しだけ査定額が下がってしまう場合もあります。

・新車よりも車検が短い

中古車よりは車検が長い未使用車ですが、新車ほど長くはありません。

未使用車は登録から期間が経っているため、その分だけ車検までの期間が短くなってしまいます。

まとめ

未使用車や新古車は、新車や中古車よりもメリットとなる部分がありますが、デメリットとなる部分もあります。

自分が車を購入するときに、メリットとデメリットを確認していなければ、購入した後に後悔してしまうこともあります。

そのため、未使用車だからと言って安易に購入を考えずに、自分にとってメリットが大きいのかデメリットが大きいのか考える必要があります。

ただ、自分の気に入った車を未使用車で見つけることができれば、数十万円単位で車を安くお得に購入できる事になります。

あなたの大切な車選びに、この記事が参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加