自動車の駆動方式によるメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の駆動方式とは?

街の中を歩けば、様々な形の車を目にすると思います。

例えば、軽自動車や普通車、トラックなどなど・・・。

車は、セダンやミニバン、スポーツカーやSUVなどといったように様々な用途に向けて作られています。

駆動方式はこの用途によって様々な方式が採用されています。

駆動方式は現在の日本では大体FFFR4WDなどが主流になっています。

FFはフロントエンジンフロント駆動の意味です。FRはフロントエンジンリア駆動

4WDは四つのタイヤすべてが駆動する方式です。

他にもMRやRRなどもありますが、あまり主流ではありません。

今回は、それぞれの駆動方式について、メリット、デメリットをお伝えしていきます。

FRの駆動方式によるメリット・デメリット

以前の自動車はFRが主流で、ほとんどの車がFRだった時代もありました。これは、技術面やコスト面を考えるとFRが有利だったからです。

なぜなら自動車の前輪というのは、舵が取れるようになっているため、そこに駆動系統まで設置するとなると、構造が複雑になってしまうためです。

このような理由から以前はFRが主流でした。FR車のメリットと言えば、前側にエンジンが乗っており、後輪が駆動する構造のため、前側から見て、エンジン、ミッション、駆動輪という配置になっています。

ボディーの限られたスペースを満遍なく利用しているため、各部品の配置に余裕があり、整備性も比較的高い駆動方式となります。

FR車のデメリットは、スペースを満遍なく利用しているからこそ、車内スペースを犠牲にしてしまっているところです。

少し古めのセダンなんかに乗った時に、運転席と助手席の間から、後部座席の方まで、床面が盛り上がっているのを見たことはないでしょうか?

ここはフロアトンネルと言って、ミッションや、駆動力を後輪に伝えるためのシャフトが通っているため、盛り上がっているのです。ここの盛り上がりの分、車内スペースは狭くなってしまっています。

また、コーナリング特性は基本的にはオーバーステア傾向が強くなります。

FFの駆動方式によるメリット・デメリット

次にFF車のメリットです。FF車は、エンジン、ミッション、駆動輪がすべて自動車の前方に設置されている構造です。

FR車のデメリットで記した、フロアトンネルがいらなくなります。つまりこの分、車内スペースが確保できるという訳です。

特に最近の軽自動車を見ていただくとわかると思いますが、ダイハツのタントやスズキのスペーシアなどの軽トールワゴン車などは、車内を広くすることに重点を置いています。

軽自動車はボディーの外寸は決まっている範囲までしか大きくできないので、いかに無駄を省いて車内スペースを確保するか、という話になってきます。

そんな時にFF車は車内スペースの前方で完結が出来るため、有利になってきます。

またFFは4WDには及びませんが、FRよりも雪道にも強い駆動方式になっています。

FF車のデメリットは、狭いところにエンジン、ミッションなどの駆動系を置いているため、整備性はFR車より劣ります

また、舵を切る前輪が駆動するという構造上、前輪が駆動しないFR車に比べると、構造上どうしても、前輪の切れ角が劣ります。また、そのコーナリング特性は基本的にはアンダーステア傾向が強くなります。

4WDの駆動方式によるメリット・デメリット

次に4WD車です。

4WDというのは4つの車輪すべて駆動する構造になっています。

こちらの4WD車はAWDなどと言われたりします。

また、その4WDの中にも様々な種類があり、大きく分けて、フルタイム式とパートタイム式の二種類があります。これらの違いですが、フルタイム式はエンジンからの出力をセンターデフという部品を介し、常に四輪全てに適切なトルクを配分する方式の事です。

パートタイム式は普段は前輪駆動または四輪駆動の二駆状態ですが、運転者がスイッチを切り替えることにより、四輪駆動状態にできるというものです。

この4WD車のメリットです。

メリットはなんといっても走破性の高さでしょう。前輪駆動車や後輪駆動車は前輪または後輪のどっちかしか駆動力が伝えられないのに対し、4WDはすべてのタイヤに駆動力を掛けることができるので、悪路や雪道でもスリップしてスタックしてしまうという確率が大きく下げることができます。

4WD車のデメリットは構造上燃費が悪くなってしまうことや、四輪駆動のシステムを組み込むにあたり、必要な部品が増えることによる価格の増加、といったところでしょうか。

まとめ

今回はFF車、FR車、4WDのメリット、デメリットについてお話してきましたがいかがだったでしょうか?

まとめると、ファミリーユースで家族全員での移動が多い、といった場合はやはり、居住空間が多く持てるFF車でしょう。

車をただの移動手段としてではなく、運転する楽しさを求める方、ドリフトをやってみたいという方にはFR車でしょう。

そして、アウトドア派で、雪道を走る、未舗装の山道を走ることがあるという方には4WDがオススメです。

スポンサーリンク

新車選び .com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加