CMでよく聞くサポカーとは?サポカーSワイドやトヨタ・スバルの性能を比較解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の”サポカー”とは一体何なのか?

最近ニュースを観ていると、高齢者のブレーキ踏み間違えや高速逆走などの事故が後を絶ちませんよね。自動車会社としても、このまま何の対策をしない訳にはいかない事態まで、状況は悪化しています。

そこで、交通事故を少しでも減らす為、自動ブレーキを始めとした安全運転の装備が導入された車が、最近は話題となっています。

以前は燃費を少しでも良くすることが、至上命題となっていましたが、それが少しずつ変わり始め、今では安全装備が多数導入されている車を消費者も好むようになっています。

「サポカー」または「サポカーS」…自動ブレーキや安全運転支援装置が装備された車

※サポカーの正式名称は、セーフティ・サポートカー(エス)です。自動ブレーキとペダル踏み間違い抑制装置が基本で、それ以外は各社が独自開発し、安全運転サポートを普及させるのが目的。

サポカーとサポカーSの違いを詳しく!

サポカー …自動ブレーキが搭載された車。
サポカーS…自動ブレーキだけでなく、ペダル踏み間違い防止機能など諸々の安全運転支援装置が導入された車。

自動車会社のテレビCMを観ていると、最近はある特徴がある事に気が付きましたか? 以前はそのボディを強調したり、家族が何人も乗ってドライブする宣伝方法が多かったのですが、今では自動ブレーキで交通事故を回避して助かったなどがメインとなっています。

サポカーは全運転者向け、サポカーSは高齢者向けとなっていますが、さらに一歩踏み込むと高級車はサポカーSが導入され、大衆車はサポカーが導入されている事が多いです。

サポカーSはさらに三種類に分類され、それは以下の通りです。

サポカーS…ベーシック、ベーシック+、ワイドの三種類
ベーシック…低速自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置
ベーシック+…高速自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置
ワイド…高速自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報先進ライト

サポカーをもっと知りたい!

サポカーまたはサポカーSは、国内の主要自動車メーカーの全てで導入されています。トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・スバル・スズキ・ダイハツ・三菱と言ったメーカーでは当然あるので、今後の購入の際には、この安全技術が導入された車を選ぶのが、今後のスタンダードになるでしょう。

気になる各メーカーの安全運転支援装置

ここで、一点注意点して欲しい事があります。

それは、サポカーという名称を使い自動ブレーキが導入されても、それは各メーカー毎に正式名称が違ってきますし、ブレーキの性能差も開きがあるという事。

サポカーなので、どの車を購入してもレベルが高いと思っているなら、それは間違いです。
以下は代表する各社の自動ブレーキの名称です。

トヨタ…プリクラッシュセーフティシステム
日産…エマージェンシーブレーキ、またはインテリジェントエマージェンシーブレーキ
ホンダ…衝突軽減ブレーキ

自動ブレーキだけでこれだけ違うので、さらにペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報も当然各社毎に名称が違ってきます。

これを全て覚えるのは困難ですし、記載するのも意味がないので割愛します。

では、最も気になるのは、結局どこの会社のサポカーまたはサポカーSが高性能なのか? という事ですよね。

私などは最初は王道ながらトヨタが一番だと思っていたのですが、これは勘違いでした。

サポカーの車両価格やコスト面など多角的に判断すると、また変わってくるでしょうが、車雑誌やネット情報を調べると、自動ブレーキで一番評価が高いのは、スバルになります。

しかし、これは飽く迄も調査しやすい自動ブレーキに基づいての結果なので、ペダル踏み間違い、車線逸脱警報なども入れた総合的な判断となると、正直どこの会社が最も良いのか分かりませんし、判断が不可能です。

車線逸脱などはカメラやセンサーで対応していると想定され、これらの耐久性や精度、雨天など天候悪化時でもどれぐらい対応するのかは未知数ですよね。

あまり深掘りして揚げ足取りばかりしても仕方がないので、ここはシンプルに自動ブレーキで最も評価が高いスバル車を選択するのが、無難だと思えます。

サポカーを購入したいなら、各社にはどんな車があるのか?

各社を代表する高級車や人気車の新型車なら、ほぼ間違いなくサポカーやサポカーSの対象車となっています。

トヨタならクラウンやプリウス、日産ならリーフやノート、ホンダならN-BOXとなります。

見逃していけないのは、最もレベル高いサポカーS ワイドも、スズキやダイハツの人気軽自動車に多数導入されているということです。

最も基本的なサポカーとなると、新車販売されているほぼ全ての車で導入されています。

例えば、トヨタなら作業車で知られるハイエースでも備わっているほどです。

しかし、サポカーS ワイドになると、最近発売された車ほど備わっています。

よって、軽自動車でも昨年や今年発売されていると、比較的安価な新車価格で最新の安全装備を手に入れられお得です。

サポカーのおススメの車は何?

先ほども少し触れましたが、自動ブレーキに関してはスバル車が他社を一歩も二歩も上回っています。

また、ペダル踏み間違いや車線逸脱~は、若い年代ならそこまで気にする必要がないのも事実ですが、高齢者や万が一を考慮すると備わっていると安心感がありますよね。

そうなると、スズキのワゴンR、ダイハツのミライースなどは軽ながらサポカーS ワイドとなっていて、お得感があります。また、スバルに拘るなら、同じく軽のステラやシフォンなどもお得ですね。

しかし、ここで気をつけたいのが、ステラやシフォンはダイハツの軽のOEMです。ステラはムーブ、シフォンはタントとエンブレム以外はまったく同じです。スバルの自動ブレーキが評価されたのはアイサイトですが、これらの軽自動車はダイハツやトヨタのシステムであるスマートアシストになります。

もし、評価が高いスバル車のサポカーS ワイドを堪能したいなら、アイサイトが導入された普通自動車を購入する事となります。車種はレヴォーグ、レガシィなど高級車となりますが、インプレッサ など比較的に大衆向けの車もあるので参考にしてみて下さい。

まとめると、以下の通りです。
・新型の人気軽には、安全性能が最も高い”サポカーS ワイド”が多数導入されている
・自動ブレーキで評判高いのは、スバルのアイサイト導入車

まとめ

サポカーやサポカーSは、自動車会社が本格に交通事故を無くそうと本気で努力している『努力の結晶』です。

それでも、サポカーだから絶対に交通事故が起きないとは言えませんが、確実に減るのは間違いないです。

今後購入する新車には確実に導入されているので、後は運転者一人ひとりの意識の問題となります。

スポンサーリンク

DIプランニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加