元ディーラー営業による試乗のススメと万が一事故ったらどうなる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ディーラー営業による試乗のススメ

皆さんはディーラーで試乗をしたことはありますか?

車を購入する際は必ずするという人や新型車が出たらするという人、ちょっと敷居が高くてしたことがないという人、それぞれいらっしゃるかと思いますが車のことを良く知るには実際に乗ってみるのが一番です。

今回は試乗に興味を持っている人のために、元ディーラー営業の視点で試乗のポイントや注意点をご紹介していきたいと思います。

試乗案内

車を購入時には必ず試乗をしよう

私が営業として試乗を提案するのは購入してくれそうな見込みのあるお客様なのですが、提案すると大体次の3パターンに分かれます。

試乗に対して積極的な人

ぶつけたら嫌だから試乗はやめとくと言う人

普通の車だし試乗をする必要がないと言う人

①のように自分からすすんで試乗をする人はいいのですが、②や③のお客様で結局試乗をせずに車を購入されていくという人がいらっしゃいます。借り物の車をぶつけてしまうかもという不安や、試乗なんて時間がかかるしめんどくさいという気持ちはわかるのですが、実は試乗をせずに購入するというのはそれなりにリスクのある行為です。

確かに車のスペックや形状、機能などはカタログを見れば大体わかりますが、実際に乗ってみないとわからないことはたくさんあります。

実際にあったことなのですが、試乗をしないで購入されたお客様が、交差点などの右左折の際にピラーが邪魔で運転がしにくいと後悔されていました。前に乗っていた車はピラー部分がすっきりしていたのでそのギャップもあったのだと思いますが、試乗をしていればほかの車にしていたか納得したうえで購入できていたのかもしれません。

ぶつけてしまうかもという不安のある人もいらっしゃいますが、試乗ルートは運転のしやすい道を営業が案内してくれるはずですので、よほど運転に自信がないという人以外は後々後悔しないためにも試乗をしてから購入しましょう。

購入する気がないのに試乗はアリ!?

これはなかなか難しい問題ですよね。もちろん購入する気がなくても来店していただいている時点でお客様なので、試乗を断ることは基本的にできません

それでは営業の視点でアリなのかをお答えしますと、”アリ“です。

ただしアリだったらいつでもいいのかというとそうではなく、土日は勘弁していただきたいと思うのが正直なところです。土日というのは多くの方が来店されるため、営業としてもどうにかして見込み客を見つけたいと必死になっています。そんな中で購入する気がないお客様の試乗に同行していると、営業としての成績にもつながらないために土日はやめてほしいというのが本音です。

対して平日というのは来店されるお客様も土日と比べて少ないため、購入する気がないけど試乗をしたいという方は平日がおすすめです。私の場合平日整備で来店されたお客様に対してよく試乗をすすめておりました。

今は購入する気がないといっても試乗がきっかけで気が変わったり、ゆくゆくは乗り換えていただける場合もあったりしますので、購入する気がないのに試乗=冷やかしとは私は一切思っておりません

試乗とディーラー

試乗するときのポイント

せっかく試乗をするのですから、ただ運転するのではなく車との相性を確かめながら試乗をしましょう。

まずは試乗前の準備として、座席の位置ハンドルの高さを自分のちょうど良いところに合わせてください。これがしっかり合ってないと走行中も違和感が出てしまいます。

路上に出た後は、パワーやエンジン音、ハンドル・シフトの操作感、乗り心地、運転席から見える景色など、良好かというより違和感がないかということを意識して確かめてください。

違和感を持ったまま購入をしてしまうと、それが後になってますます気になり後悔してしまうことにもなりかねませんので、試乗のポイントとしては”違和感がないかを確かめる“です。

試乗の注意点

試乗で一番怖いのが事故です。初めて乗る車ですのでメーターなどの計器類やナビ、コンソールボックスなどに気を取られやすいです。

私が試乗で同乗していた際に、メーターに気を取られていて追突しそうになってしまったお客様がいましたので、追突事故には特に注意が必要です。

それでは実際に事故を起こしてしまった場合はどうなるのでしょうか。ディーラーによって対応は違ってくるかと思いますが、私の勤めていたディーラーだと試乗車には任意保険が掛けられています。

そのため、相手方の修理費や治療費などで負担が発生することはありませんが、試乗車の修理代で負担が発生します。任意保険によって修理代を全額負担する必要はないのですが、免責金が5万円設定されていますので損害の大きさによって最大5万円は支払う必要があります。

あくまで私の勤めていたディーラーの場合であって、他ディーラーでは負担額が違ってくる場合がありますので、試乗前にしっかりと確認をしてください。

試乗で事故

さいごに

今まで試乗をしたことがないという方は是非一度してみてくださいね。

試乗というのはそれほど敷居の高いものではないですし、注意点さえ気を付けていればトラブルになるようなこともありません。

車というのは大きな買い物ですので試乗をして納得していただいたうえで購入することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク