トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア 80系 フロアマットおすすめネットショップランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

noah80a

車のフロアマットというと何を思いかべるでしょうか。

答えは簡単ですね。車の床の上に敷くマットのことをフロアマットといいますよね。それではこのフロアマットはいったい何のために車のマットの上に敷くのでしょうか?

これは多くの人が靴についた泥を車本体に付着させないためと考えがちですが、そうではありません。

車のマットは泥や埃を車本体につかないようにするという役割も持っていますが、実は他にもたくさんの目的があって車の床の上に敷かれているんですよ。

普段車に乗らない人にとって、フロアマットは最初から車についているものというように考えているかもしれませんが、日本で一般的に発売されている新車には、意外と標準でついてくるものは少なく、だいたいの場合はオプションとして別途購入することが多いのです。

さらにメーカーごとはもちろん、車種ごとにもフロアマットの形状は大きく分かれていて、さらに同じ車種でカラーや用途によっていつくもの種類が発売されているのです。

imgres

日本国内だけでもフロアマットの数種類とあり、おそらく実店舗の中ではすべてのフロアマットをいつでも取り揃えているというところはないのでしょうか?

「フロアマットなんて、どんなのでもいいよ」というように考えている方は別かもしれませんが、自分の好みにあったフロアマットを探すととなるその中心はネットショップでしょう。

前述のとおり実店舗ですと場所の問題で限られた一部の商品しか陳列できませんが、ネットショップですと、実質上は無限に商品を陳列することが可能。

さらに店舗まで行かなくても家の中、もしくはスマホを使えば世界中のどこからでもフロアマットの購入が可能です。

この後紹介するインターネットショップでみると、フロアマットだけで用意された数約3000種類!おそらくこれだけの商品を用意できる実店舗は他にはないでしょう。

もちろん細かくメーカーや車種ごとに検索も可能で、歩き回らずともスピーディーに目的の商品を探すことができるのです。

152

今回は、トヨタの代表的にあミニバン「ノア/ヴォクシー」についておすすめできるショップを順番に紹介していきましょう。

第1位

D.Iプランニング

voxy

第一位は埼玉に拠点を置くネットショップの雄「D.Iプランニング」さん。

トヨタの商品だけに限りませんが、とにかく品数が豊富。フロアマットだけで約3000種類。トヨタのフロアマットだけで約1000種類、ヴォクシー系のフロアマットだけで約100種類以上と圧倒的な品数が揃います。

これだけ商品があると、実際の店舗(倉庫?)はどのように並んでいるのか実際に行って見学してみたくなりますよね。さぞかし広大な光景が繰り広げられているのでしょう。

D.Iプランニングさんはフロアマットを販売を始めて30年以上という老舗のカーショップ店で、約3000種、約4000点の品ぞろえはもちろんですが、うれしいのが新車種の商品の陳列がどこよりも早いことです。

どうせフロアマットを購入するなら、まだ誰も持っていないようなフロアマットを購入したいですものね。

売れ筋商品ランキング自動車専用フロアマット部門でデイリー1位を獲得していることからも、その信頼感がわかると思います。

筆者もなにげにD.Iプラニングさんのページを眺めていたら、ずっと探していためずらしいフロアマットが普通に並んでいたので即買いした経験があります。

その信頼はお客様だけでなく、車業界のプロの方からも有名で大量注文にも対応可能のようです。

東京東部・千葉地域に店舗を多く展開する「車検のコバック」様からの動画紹介です。車業界って、あまり同業種の人を褒めるイメージがありませんので、その信頼性が伝わってくるようです。

第2位

ギガマット

http://www.giga-mat.com/

第二位は、ギガマットさんです。

ギガマットのフロアマットは、純正フロアマットに求められる基準をクリアしている素材、縫製がされている。

純正のフロアマットとほぼ形、規格、難燃性のある素材で、安心して購入ができる。

フロアマットのデザインも豊富で、自分の車や好みに合ったフロアマットを見つけることができるのもポイント。

フロアマットのタイプは2種類で、デラックスタイプとスタンダードタイプがある。
デラックスタイプはスタンダードタイプに比べて毛足が長く、デザインの種類が豊富です。

マットの裏地は、3層構造になっていて、生地に厚みが出て高級感を演出することができます。

第3位

Dadギャルソン

http://www.garson.jp/pc/search/lst_impression.php?operation=searchList&cat_cd=2708

第三位は、Dadギャルソンさんです。

フロアマットの糸の形状と見せ方までこだわり、国内最高峰の糸を使用しています。

糸にまでこだわるからこそ、美しいデザインと純正に劣らない品質を提供できるのだ。

フロアマットの裏面は、しっかりと時代を見極め最近発売されている純正フロアマットと同じフェルト状になっている。

フロアマットのデザインは、シックなものが多く、落ち着いた雰囲気を好む方にオススメ。

純正フロアマットに負けない品質を望む方は、ぜひDadギャルソンのフロアマットを覗いてみてください。

まとめ

一般的には、フロアマットというと新車で購入した時から乗り換えるまで、ずっと同じものを使い続けるという人が多いと思いますが、使っているうちに汚れたり、気分を変えたりしたい時などに、フロアマットを換えてみるというのもおもしろいと思いますよ。

最初に説明した通り、新車購入時フロアマットは付いていないことは多いので、まず最初は無難なものを選んでから、時機を見て買い替えてもよいかもしれません。

つまり、新車を買う以上は一度はフロアマットは購入するべきものなのです。
今回ご紹介したショップで、あれやこれやと想像してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク