冬休みに絶対に行きたい! 親子で遊べる関東のサービスエリア3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬の季節になっても、子供たちは元気いっぱい!

週末や冬休みには「どこか連れて行って」とせがまれているお父さん、お母さんも多いことでしょう。

家族みんなで出かけるなら車でドライブが手ごろですね。近年は高速道路におけるサービスエリアも目まぐるしく進化を遂げているのをご存知でしょうか?

テンプレートな休憩場所や、お土産を買うという場所から、独自のエンターテイメント施設へと変わりつつあります。

遠方に出かける際に、立ち寄ることで旅の楽しみが一つ増えますし、そもそもサービスエリア自体をドライブの目的地とするのもいいですよね。

そんなサービスエリアの中から、関東近辺で高速道路に乗られる方向けに、いくつかピックアップしてご紹介します。

サービスエリアの魅力を知れば、きっと車でお出かけしたくなっちゃいますよ。

雪だるまの画像

(1)EXPASA海老名(上り:神奈川県)

東名高速道路において、東京料金所から最寄りのサービスエリア。

そのため昔から東名高速道路を利用されている方であれば、必ず名前に聞き覚えがある場所です。

東京からは25㎞という便利な距離であるサービスエリアとなっています。

なんと1日の平均利用者数は6万人以上になるのだとか。(上下線合わせた数)

そんな海老名サービスエリアは、2011年の冬に「EXPASA海老名」としてグランドオープンしました。

ひとつのエリアにおける店舗数は28店舗。

これは関東のみならず、日本国内で最大となります。それだけでなく、多くの店舗が高速道路のサービスエリア初出店であったのも話題となりました。

“東京ばな奈”を販売している「シュガーバターの木」も出店しています。

東京ばな奈はこのサービスエリアのみの販売です。

また、子供たちも大好きなポテトチップスを販売するカルビーのお店、「カルビーキッチン」もあります。

ここでは地域限定ポテトチップスが購入できるほか、オリジナル商品も販売しています。

そのほかにも様々な期間限定ショップが出店するので、いつ行っても新鮮な気持ちでグルメを楽しめます。

さらにベビーコーナーも設置されており、おむつ換え台(ベビーベッド)もあります。

またベビーカーを無料で貸し出しをしていたり、ベビーチェア付きトイレがあったりと、小さいお子様がいるご家庭にはありがたいですね。

赤ちゃんの画像

【SA名】東名高速道路 EXPASA海老名(上り:東京方面)
【住所】神奈川県海老名市大谷南5-1-1
【駐車場】大型:89/小型:442(大型との兼用含めて)
【トイレ】男性大:31/男性小:59/女性:105

(2)那須高原SA(下り:栃木県)

「那須・旬感リゾート」がコンセプトになったサービスエリア。こちらは東北自動車から東北エリアを目指す際に立ち寄ることができます。

関東としては最後のサービスエリアになります。

こちらのサービスエリアは、なんといっても600㎡という広大な面積を持つドッグランが特徴です。

ご家族の一員であるワンちゃんと一緒に広いエリアを駆け回ることができます。全面フリーで大型犬であっても大丈夫。

ペット専用みの水飲み場もドッグランの外にありますし、専用のごみ箱も置いてあります。

ごみ箱の隣には、ビニール袋やシャベル、トイレットペーパーが置いてあるボックスがあります。

遊歩道も設置されているので、みんなで散策するのも楽しいですね。

犬の画像

那須高原のお野菜や豚肉を使ったグルメも楽しみの一つです。

とちぎのブランド豚を使った「とちぎゆめポークのカツ丼」は子供にも大人にも人気のあるメニュー。

乳製品もとても新鮮なので、ぜひスイーツを味わってみてください。

濃厚な味わいが魅力的な「ガンコじいさんの牛乳でつくったソフトクリーム」がオススメです。

【SA名】東北自動車道 那須高原サービスエリア(下り)
【住所】栃木県那須郡那須町大字豊原丙字調連原4092-2
【駐車場】大型:61/小型:140
【トイレ】男性:大7/小16  女性:25

(3)横川SA(下り:群馬県)

関東方面から上信越自動車道で長野方面にドライブしていくと、途中で横川SAに立ち寄ることができます。

コンセプトは「軽井沢ゲート」。リゾート感たっぷりな雰囲気で、建物もヨーロピアンスタイルなのが素敵ですね。

こちらは2011年にリニューアルをしており、「Conifers Garden」には屋根付きのベンチやテーブルがあるので、休憩にはピッタリの場所です。

モダンな建物はレンガ造りの内装です。

これは旧丸山変電所やめがね橋に代表される、碓氷峠における建物をイメージしているのですね。

サービスエリアに着いて車から降りると、とっても空気が澄み切っているのがわかります。

洋風庭園もあるので、家族みんなで散策してみましょう。

名物の「にらめっこ焼」やデラ玉、焼きまんじゅうなどが販売されているコーナーもあります。

子供たちとおやつを食べるにはちょうど良いスポットですね。

画像

トンネルにおいて、強制換気装置として使われる「ジェットファン」が置かれているのも面白いですね。

行ってみたら探してみてください。大型ファンの前で記念撮影をしてく方も多いですよ。

【SA名】上信越自動車道 横川SA(下り)
【住所】群馬県安中市松井田町横川字大林950-2
【駐車場】大型:45/小型:190
【トイレ】男性:大8/男性小25 女性:33

親子の画像

関東の魅力的なサービスエリアをピックアップしてみました。

都心から地方にドライブに行く際には、こうしたサービスエリアに立ち寄るのも楽しみのひとつになるはずです。

冬休みの旅行やドライブの際には、プランの中に組み入れてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク